パワーを感じるFunk Guitar。

Posted by Richard Category: Musical Instruments

ライブでのナマ演奏に勝るもの無し。
それでも、ごくたまに、レコードやCDの聴いていて「ブッ飛ぶ」音源ってあります。

Jimi Hendrixがその筆頭。ソロとか歪みでは無く、音粒の塊とか、滲み出るリズムに、もの凄いパワーを感じる。
当然ですが、ナマで観たことはない。

1980年代、もう一人、レコードを聴いていて「ブッ飛んだ」ギタリストがいます。

James Blood Ulmer。
当時、日本では「Jimi Hendrixの再来」とかいうふれ込みだった。
コレ、リチャードは同感です。

「Freelancing / James Blood Ulmer」というレコード、買って来てレコードプレーヤーの針を落とした瞬間、「うそっ?」って感じでした。いろいろな意味で…。

ファンク・バンドのギター・プレイヤー (リチャード/MUGEN Blasters)

ドラムとベースの生み出すリズムが超強力。
その上に乗っかってくるギターのフリーでブレないフレーズがパワフル。
普通にこんな音使いしたら、タダの下手くそだ。
さすが、Ornette Coleman譲り。

Gibson Byrdlandからは、こんな音が出せるのね。

後半、1箇所だけ展開するCメロのジミヘン的コード進行。ここのリズムギター2本は圧巻だ。ジミヘンが降りてきてる。 今でも大好きなパワフル・ファンク・チューンだ。

http://www.youtube.com/watch?v=x1OLxvWdbxo

この部分はどう弾いてるのぉぉぉ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 Required fields are marked *.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>