「prince」が破綻

Posted by Richard Category: Blog

テニスラケットのブランド「prince」が連邦破産法第11条の適用を申請。

テニスに詳しくない私でも知っているブランド。
テニス人口はスキーなどとは違って極端に現象している訳ではないと思うが、リーマンショックの後遺症だろうか?
負債総額48億円ということは、企業規模はそこまで大きくないのかな(仕事中で今は調べられない)?。みずほ証券1000億弱の赤字は極端過ぎる。企業規模でいうと、楽器関連メーカーはもっと小さい会社が多いはず。

先日、新宿の楽器屋さんでUsedのギターやエフェクターの価格を見ていて違和感を覚えた。5年前に5万超えのエフェクターが3万程度。動きが止まってる?国産15年前のギターがほぼ当時の定価で値付けで6万。国産中古はタマ不足で売り手市場?

我がギター愛機、Madarozzoブランドはホームページを改装中だが中身は相変わらず。
楽器業界・音楽業界にとらわれず、音楽シーンが活性しつづける事を祈る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 Required fields are marked *.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>