初めての音楽スタジオ入りはJon Lordがきっかけ

Posted by Richard Category: Music Life

初めて音楽スタジオに入って音を出した時のワクワク感は、今でも覚えている。
防音された音楽スタジオに踏み入れるのも、ドラムセットをマジマジ見るのも、ギターアンプでデカい音を出すのも、全部が初めて。

中学3年の2月か3月、高校受験が終わったタイミングで、エレクトーン経験がある中学の同級生が誘ってくれたのだった。
「スタジオ行って音出してみよーぜ!」
彼がキーボード、リチャードがギター、他校の彼の友人がドラム。ベースはいない。3人だ。

彼が渋谷駅近くのスタジオを予約し、3人で初スタジオ。備え付けのギターアンプはZOOMの60wだった。

課題曲は「スモーク・オン・ザ・ウォーター/ディープ・パープル」
エレクトーンの彼はDeep Purpleのキーボード奏者のJon Lord(ジョン・ロード)に憧れていた。

彼から借りた「Live In Japan / Deep Purple」を初めて聴いた時、Ritchie Blackmoreのギターに魅せられたのだが、それ以上にJon Lordのハモンドオルガンの音にカッコ良さを感じた。

初スタジオの出来は、いくら小林克己の「リッチー・ブラックモア奏法」で準備していったとはいえ、惨憺たる内容で落ち込んだ。
持っていたギターはGreco EG-600PRというLes Paulタイプで、KISSのエース・フレイリー(Ace Frehley、当時はエース・フューレイと呼んでた)だから、あんな感じの音が出ないんだ…、とか思った。まぁ、そうなんだけど、それ以上にテクニック不足・アンプの使い方が分からないなど、初心者丸出し。

楽しい思い出です。
エレクトーンの彼からは、Emerson Lake & Palmerのレコードも借りて、特に「タルカス/ELP」は今でも大好きで聴く。
ロックのスリリングさではDeep PurpleのJon Lordが上かな。今聴いてもカッコいい!

Jon Lord、ありがとう。ご冥福を祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 Required fields are marked *.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>