大森 In The Grooveにバンドフライヤーを奉納。

Posted by Richard Category: MUGEN Blasters

特別なソウルバー、大森 In The Grooveへ「奉納の儀式」に行ってきた。
半年以上前からマスターのGMさんから依頼されていた「MUGEN Blastersのバンドフライヤー」を持っていき、店内のボードに貼らせて頂いた。
店内に「Exciting Funk & Soul In Japan」というボードが作られていて、そこにGMさんが選んだアーティストのフライヤーが貼られている。MUGEN Blastersのフライヤーがいつまでも出来ないので、GMさん手作りモノクロフライヤーが半年以上貼られてる状態であった。

<2014年末頃のボード>
20120611-blog-1

リチャードとしては、In The Grooveに貼らせて貰えるなら、何年も前から温めてきたアイデアを実現させて、それを盛り込んだフライヤーを作りたかった。MUGEN Blastersというファンクバンドの活動を始めて、バンドロゴが完成した時から温めていたアイデアだ。構想5年(笑)。正確には5年以上前から温めているアイデアで、実現する為には協力者が必要不可欠。その協力者を見つけるのに5年掛かった(汗)。
Photoshopをサクッと使える人にも協力してもらった。彼女もリチャードの意図を完璧に理解してくれて、更に、プラスアルファのエッセンスも盛り込んで仕上げてくれた。
そして、バンドフライヤーが完成した。

フライヤーが出来てみると、イメージしていたモノよりも良い仕上がり。デザインやディテールにMUGEN Blastersのコンセプトを上手く盛り込めている。最高の出来だっ!(自画自賛)
デザイナーさんに作って頂いたMUGEN Blastersのロゴ自体には、絶対に加工を加えない。その上でのアイデア。
イン・ザ・グルーヴ店内に飾ってあって、お店のイメージを崩さず、ファンク色を感じさせる内容。「日本で活動しているムゲン・ブラスターズというファンクバンド」を表している絶妙なバランス。

暗い店内では良く分からない事もあるので、iPhoneのライトでフライヤーを照らしながら、GMさんにディテールを説明。Funkな糸でつながっているからか、リチャードが考えている想いはすぐに理解してくれた。話しが早い。

ここまで書いてアレなんですが、、、
しばらくの間、このフライヤーのネットなどでの公開はしない予定なので、ここにも画像掲載は無し。
In The Grooveを訪れると見れます!って事にしています。もし、実物を見る機会があったら、いろいろジックリと見てみて下さいませ。そして、時が来たら別バージョンフライヤーに替えます。

奉納の儀式を終わらせた後、またまたお宝映像を見せて貰った。
Euryalus(ユーライアス)のライブ映像 @ 赤坂ムゲン。初めて映像で見て、色々とイメージが繋がった。またバンド活動をして行く為のパワーを貰った感じ。
その後、先日対バンして頂いた及川光博カバーバンドの話から及川光博本人の話しになった。

GMさんとの話しは尽きないのだが時間切れ。
また行こっと!

大森 In The Groove (イン・ザ・グルーヴ)
http://inthegrooveomori.jimdo.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 Required fields are marked *.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>