「たまねぎ48」がマザーシップに乗ってやって来る!

■関東で活動しているファンクバンド

そんなに多くないと思う。
ここでいうファンクは、The Funk Center (US)がTargetにしている辺り。R&Bやソウル・ディスコ・ヒップホップ・Jazz FunkやACID Jazz・ヒップホップではない1960年代~1990年代のブラックミュージック。
さらに、セッションバンドや企画バンドではなく、パーマネントメンバーで活動しているバンドとなると本当に少ない。勝手にリストを作り始めているのだが、3名以上で構成されている関東で活動しているファンクバンドってEarth Wind & Fire系・Tower Of Power系・CHIC系を除くと10も無いかも。
MUGEN Blastersの活動を通して、沢山のファンクバンドと繋がって一緒にイベントしたいと思っているのだが、新しいバンド出会う機会が少なくなってきた。まぁ、リチャードが相手にされていないだけというのもあるね。
web_icon
The Funk Music Hall of Fame and Exhibition Center / aka “TheFunkCenter”のサイト:
http://www.thefunkcenter.org/

■ファンク好きな濃い人達

Funkが好きでバンドやっている人達って、びっくりする位に色々なファンク周辺情報に詳しい人がいたり、びっくりする位にグルーヴ出してくる人がいたり、びっくりする位に日本人に見えない日本人だったり…。濃い人も多い。
自分では歌ったり演奏はしないファンク好きの人で「やはり生バンドの演奏が最高っ!」って思っている人も多くて、「なかなか本物が来日しないし、もうこの世には存在しないバンドの曲をカバーでもいいからナマで楽しみたい」って考えている人達もいる。これまた詳しい人が多いし、びっくりする位に腰がクネクネ動くダンスクイーンなお姉様達も多い。踊りはしないがナマバンドの演奏を楽しむ術を知っている先輩方も多くて、見ていると本当にカッコいいと思う。

リチャードとしては、ファンク好きが楽しめる生バンドパフォーマンスがあるライブイベントを企画(もしくは参加)して楽しみたい。そんな中、静岡から強力なファンクバンドが5月のイベントに出演してくれる事になった。

■バンド名は「たまねぎ48」

なんでこの名前なのかは謎。ぐぐってもホームページなどは無い。でも、MUGEN Blastersは2015年12月に沼津でこのバンドと共演したから、確かに存在する。共演したイベントで「たまねぎ48としての活動はしばらくお休み…」みたいな事を言っていたので、「いやいや、ちょっと待ってよ。東京でも演ってよ!」とお願いして、今回のイベントに来てくれる事になった。
たまねぎ48のパフォーマンスはツボだった。リチャードが個人的にもう一度観たいし、東京の人達にも見て欲しい。
メンバーには知人もいて、静岡ケントスでハコバンで出ている人達、実はトーキングモジュレーターの咥え方でリチャードに影響を与えたギターのお姉さん、スネア一発でこちらの胸を打ち抜く人、絶対に日本人じゃない雰囲気のボーカル、おやつはカールおじさん、などなど。そしてこのバンドの総勢11名を纏める怪しい雰囲気のバンマス。
このバンドのレパートリーはP-FUNK系の曲ばかり。
48onions

■P-FUNK

日本語版Wikipediaによると「Pファンク (英語: P-Funk) は、ジョージ・クリントンが、1970年代に率いた2組のバンド、パーラメントとファンカデリック、及びその構成メンバーによるファンクミュージックを指す音楽ジャンルで…」とある。
Wikiのサイト:
http://ja.wikipedia.org/wiki/P%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%AF

2011年に出版された「P-Funk」の著者 河地依子さんの記事「P-Funkとは何か?」はとても分かりやすい。
http://www.ele-king.net/columns/004481/
こういう方の記事に触れる機会があると「日本人で良かった」って本当に思います。
P-FUNK

George Clintonを中心にParliament / FunkadelicだけではなくBootsy Rubber Band辺りも入れた世界観で良いと思う。とっつきにくい部分もあるので、ファンク好きでも未だに琴線に触れない方もいるはず。バンドメンバーが多いので、何人ステージ上にいるんだ?って感じに。
そんなP-Funkの曲をカバーする場合、ぐちゃっと沢山音を鳴らしてステージに奇抜なカッコウの人を並べて…というバンドもP-Funkな雰囲気でありと思うのだが、P-Funkの楽曲を分かりやすくガツっと演奏してくれる「たまねぎ48」は貴重な存在。

■Mothership

George Clinton’s P-FUNKは、宇宙からマザーシップ(宇宙船の母船、現在レプリカがスミソニアン博物館に展示中)に乗って地球のステージに着陸するのだが、たまねぎ48は静岡から東名高速を使ってマザーシップ(たぶんバンかミニバス)でやって来る。
mothership
スミソニアン博物館のページ:
http://www.smithsonianmag.com/smithsonian-institution/watch-george-clintons-mothership-get-reassembled-for-its-museum-debut-180951685/?no-ist

この機会に「たまねぎ48」を沢山の方に観て欲しいと思うのです。

「城南ファンク Vol.2」
城南地区からファンク情報を発信 第2弾!ファンクバンドの生演奏+城南地区ソウルバーセレクションの曲が流れる。静岡から超強力P-FUNKバンドがマザーシップに乗ってやってくる。必見!
出演:Very’s, MUGEN Blasters, たまねぎ48
イベント詳細ページ:
http://www.mugenblasters.com/live-information/20160521-live/
20160521-ShibuyaGakki-flyer-1 300

20160521-ShibuyaGakki-flyer-2 300

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 Required fields are marked *.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>